So-net無料ブログ作成

「アマゾンジャパン」退職強要の実態! [情報]

Sponsored Link

 ネット通販大手アマゾンジャパンの40代男性社員が「退職を事実上強要された」と、
加盟する労組、東京管理職ユニオンに哀訴。同ユニオンが都の労働委に不当労働行為の
救済を申し立てた。



アマゾンといえば、米NYタイムズが今年8月、米本社の過酷な労働環境の実態を報じたばかり。
日本のアマゾンも「ブラック企業なのか」と勘繰りたくもなる。



スポンサーリンク







 同ユニオンによると、男性は2011年10月に正社員で採用されたが、
今年2月、上司から「退職するか業績改善プラン(PIP)を受けるかしかない」



「PIPは退職のためのプログラム。私だったら辞めるね」などと“退職勧奨”された。
男性は拒否したが、上司は翌週も繰り返し退職を迫ってきたというから、
「事実上の退職強要」というわけだ。



「アマゾンでは、一定数の社員を『ローパフォーマー』と位置づけ、辞めさせるという
システムになっているようです。



PIPは辞めさせたい社員に無理難題を与え、追い込んでいくというもの。
畑違いの不得手な課題を押しつけたり、いきなり『人間関係を改善しろ』などと
抽象的な要求をしたりする。



一定期間内に改善されなければ、退職や大幅な賃金ダウンに同意するよう求められるそうです」


NYタイムズの報道によると、米本社には厳しい人事評価システムがあり、
社員はチーム内でランク付けされ、下位10%に入ると「排除される」という。


社員同士で互いに監視させ、“密告”によって評価が下がることもあるから、穏やかじゃない。
出産や病気で休んでも低評価に。


長時間労働などの過酷な環境を生き残れる“優秀”な社員は「アマボット(アマゾンのロボット)」
と呼ばれるらしい。



「どうやら日本でも同じようなことが行われているようです。
アマゾン側は『退職勧奨はしていない』と、就業規則などの資料開示も拒否しています」


 アマゾン創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏(写真・AP)は昨年5月、
国際労働組合総連合(ITCU)から「世界最悪の経営者」に選ばれた。



アマゾンの物流倉庫の従業員が勤務中に歩く距離は一日当たり24キロに達し、
「従業員をロボットのように扱っている」と批判された。









Sponsored Link


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。